ふつつかなきねづか

エールメッセージ

地獄のような苦しみ、それは必ず勝利できる試練ー「自分の十字架を背負って私に従いなさい」マタイ16章21節 クリスチャンの私から

台風が来る度に、私は悶え苦しむ。どんな治療も効かない自律神経失調症だ。天候や気圧、湿度の微妙な変化にさえ、私の体は敏感に反応する。だから、台風が発生して通り過ぎるまでの間、突発的に、起き上がれないほどの倦怠感や息苦しさが襲ってくる。それは...
くどうさくら 散文

友の涙-お金に対する正常な感覚を失わないこと

かれこれ20年以上お付き合いしている良き友人がいます。友人というよりも、もはやきょうだいのように仲良くしています。その友人から、一生忘れることがないであろう素敵なプレゼントをもらいました。コロナ渦で職を失ってから、彼は経済的にとても厳しい...
くどうさくら 散文

再会のある別れ、再会の無い別れ-すれちがってゆく人々、つながり続けてゆく人々-それを分ける秘密

人生にはたくさんの出会いがあって、それと同じくらいたくさんの別れがあります。一時をとても仲良く過ごした相手でも、時が経つにつれ、歩む道が分かれ、どんどん遠ざかってゆくことがあります。気がついてみると、お互いがまったくちがう場所に立ち、まっ...
くどうさくら 詩

悲しみよ

ずっと なにかを我慢しているような 気がしていた でも なにを我慢しているのか 分からなかったので なにも我慢していないことにして 過ぎゆく日々を 追いかけていた ある日 とつぜん辺りの空気が ゼリーのごとく 固まってしまった 必死で...
くどうさくら 詩

詩「できないんだ」

ある日 とうとうしびれをきらして わたしは彼に言った …… あなたは どうしてもう少し 大人になれないの あの人はきらいだの あいつはぼくをバカにしているだの やつらはクズだの そういうことは思っても 口に出すものではないでしょう...
くどうさくら 詩

詩「心が回復する時」-秀作を賜りました-

夢を見ました 月明かりが ぼんやりと白く照らす 細道を 樹の根と岩につまずきながら 一歩、また一歩 登っていました ほんのわずかでも 気をゆるめたら 左側の崖に 呑みこまれてゆくでしょう 風が来るたびに 枝をゆすり いっせいにざわ...
くどうさくら 詩

さびしいとつぶやいてみても

さびしいと つぶやいてみても   それがやっとの思いで くちびるから出した 一言であっても   あなたの声を聞いてくれる 耳はなかった   そばに来て あなたの手をにぎってくれる 手はなかった 空のうえから わたしはいつも そんなあなた...
くどうさくら 詩

詩という名の蛇

我が友蛇よ なぜおまえはよりによって わたしのところへ来た わたしは おまえに胸を締めつけられ すっかりおかしくなった まくしたてるひとびとの声が 届かなくなった 耳 声なきものの つぶやきばかり拾う 耳 空っぽの言葉を 吐き出せ...
くどうさくら 詩

あさひの中へ

あさひの中へ出てゆくとき 気づく わたし生きてる うなじをくすぐる風の手が ささやく 軽やかに生きているよと あさひの中を歩いてゆくとき 感じる わたし進んでる 足に伝わる地面の堅さが ほほえむ しっかりと進んでいるよと あさひが高く...
くどうさくら 詩

雲の舞

ジャスミンの香りを 夜風が運ぶ   おおきな明るい月の上で 雲が舞う 羽化したばかりの 蝶のように 薄くやわらかな羽を おそるおそる動かして   水の匂いがする 小粒の雨が 家々の屋根を 静かに叩きはじめる   月の光にまもられて 少し濃...
タイトルとURLをコピーしました